「わたし気になりますbot」...中の人のブログ

Twitterの『千反田える「わたし気になりますbot」』、中の人のブログ。マニュアルやお知らせ、近況などいろいろ書きます。

Wikipediaの単語をランダムに取得する機能追加について。

 

千反田える「わたし気になります」bot (@L_Kininarimasu) は、2017/06/25、Wikipediaからランダムに単語とそのリンクを取得し、ツイートする機能を実装したことをお知らせします。

以前から導入したかった機能をようやく導入することができました。

 

まず、前置きの話をさせてください。

皆さんは、完璧なシステムってなんだと思いますか?

すごい機能がある?誰でも使いこなせる??

ユーザー目線だとそういう感じになるかもしれませんね。

わたしの場合は「まったくメンテナンスをする必要がないシステム」こそ、完璧なシステムだと考えます。

 

よくゲームとかでも、「サーバメンテナンスのため」という理由で、サービスを止めることがありますね?

あの裏では、人間がメンテナンス作業を実施しているわけです。

メンテナンスには手間がかかります。

さらに、メンテナンスの準備にはすごい時間と手間がかかるのです。

それが全部自動でやってくれるようになったら...それこそ素晴らしいことだと言えます。

 

わたしも、そんな完璧なシステムを目指しえるちゃんのbotを改良して行ってます。

いずれは、何もすることなく自動で人間らしいを会話してくれたり、ツイートするネタを生成してくれるようにできないかな、と考えています。

話を戻しますと、今回のWikipediaの単語取得もその自動化の一環なのです。

 

これまで、えるちゃんがツイートするネタはすべてわたしが自分で書いてきました。

自由に書けるぶん、カバーできるネタの範囲に限界があるという問題があります。

範囲を広げるためにネタを募集するという方法を取っていますが、それでも劇的に広がるわけではありません。

そのほか、自分の知識や情報を増やすことが方法として考えられますが...その方法でも方向性がある程度決まってしまいます。

どうしても興味があることに目がいってしまいますしね。

そこで、自分がカバーできないネタの範囲を広げるため、Wikipediaの単語取得とツイートという、自動化の方法を前々から取り入れたいと考えていたのです。

 

課題はいくつかあります。

まず、人物名を引き当てた場合に「さん付け」をできないということ。

えるちゃんは基本的にさん付け先輩漬付けをする子ですので、そこにどうしても違和感が生まれてしまいます。

そこを、WikipediaのURLを一緒にツイートさせることで、あえてWikipediaから引っ張ってきた感を強調することで乗り切らせることにしました。

これでURLがないと、本当にそのまま「さん付け」なしでツイートするので、小さな違和感が残る形になってしまいます。

いずれは人物名を引き当てたら「さん付け」するシステムにしたいです。

 

続いて、Wikipediaには曖昧さ回避というページがあって、それも引き当ててしまうことです。

「モモ (曖昧さ回避)...わたし、気になります!」なんてカッコつかないですからね。

これは、「『曖昧さ回避』を含む単語を引き当てた場合、もう一回単語取得をする」プログラムを書くことで回避しています。

 

現状、1/5の確率でWikipediaの単語取得ツイートをするように設定しています。

これは今後変えるかもしれません。

 

これからも、千反田える「わたし気になりますbot」は完全自動化に向けて変化し続けます。

今後とも、千反田える「わたし気になりますbot」をよろしくお願いします。

 

 

約1ヶ月半の活動休止について。

 

お久しぶりです。

このブログの更新も久しぶりですね。

 今回はこの件について書かなくてはと思い、久々にブログをアップすることにしました。

 

千反田える「わたし気になります」bot (@L_Kininarimasu) は、2017/04/20 〜 2017/05/31の期間、活動を休止しておりました。

正確に言えば、活動休止せざるを得ない状況でした。

理由としては、TwitterからTwitter APIのアクセスキーを停止状態にされていたからです。

 

経緯はこうです。

2017年4月以降、千反田える「わたし気になります」botソースコード改良に取り組んでおりました。

 

その中で、条件分岐の記述に誤りがあり、本来は実施する気のない時間に、実施する気がないリクエストをTwitterに実行してしまっていました。

具体的には、フォロー返しのためのリクエストを実行する条件分岐の記述に誤りがあったため、高い頻度でフォロー返しのリクエストを実行していました。

 

それにより、そのリクエスト回数がTwitter APIで設けている規約か上限かに触れてしまったらしく、Twitterからその内容のメールが届きました。

  

f:id:nowellgartelt:20170607234747p:plain

 

調べたところ、これがTwitter API停止時の通知メールだとのことです。

実際、このメールが届いて以降、まったくツイートができなくなりました。 

 

しかし、わたしとしては当然不本意な結果ですので、すぐに問い合わせと停止解除の依頼の連絡をしました。

...ところが、数日経っても返事が来ません。

まぁ忙しいのかもと思い放置していたら、気づけば5月末になっておりました。

 

この間、わたしはMastodonサーバの構築など、ずっと別の開発に取り組んでおり、すっかりおざなりになってしまっていました。

Mastodonとはなんぞや?とお思いの方もいるかと思いますが、ここでは詳細な説明は省きます。

Twitterの親戚のようなものとお考えください。

 

で、ふと立ち返った時に3つの選択肢が思い浮かびました。

  1. このまま活動停止してしまう
  2. Mastodonへ移行してしまう
  3. Twitter APIのアクセスキーを発行しなおす。

 

結論から書けば、3を選択しました。

 

活動停止は、前々からふと浮かぶ選択ではありましたが、ソースコードの改修してたらTwitterAPI止められたから」では、理由としてはあまりに釈然としません。

だったら、「コンテンツとしてその役目が終わったから」とかの方が、まだカッコがつきます。

それに、まだ続けたかったからソースコードの改修してたのに、ここで止められたら不完全燃焼もいいところです。

 

Mastodonへの移行はとても悩みましたが、活動再開まで時間がかかりすぎるだろうということが簡単に想像できたので、結局やめました。

プログラムとMastodonとの連携はほぼゼロの状態ですので、一から開発しなければならず、一体いつツイート再開できるんだ?という話になります。

開発はおもしろそうですが、その間ずっと止めておくのはやはり気になる問題でした。

 

で、Twitter APIのアクセスキーを再発行したのですが、正確に言えば再発行ではなかったりします。

Twitter上では別のアプリケーションに移行した形となっております。

 

Twitter Developerを触ったことがある方ならご存知だと思いますが、TwitterではアプリのAPIキーを発行するのにアプリケーションというものを登録します。

そのアプリというのは、通常であれば「Janetter」だとか「TweetDeck」のような名前で登録するのだと思います。

千反田える「わたし気になります」botの場合、これまでは「神山高校 地学講義室」という名前のアプリケーションを使用していました。

 

名前を登録すると、TwitterのWeb画面でつぶやくと「Twitter Web Client」と表示される場所が、

 

f:id:nowellgartelt:20170611001031p:plain

 

このように、「神山高校 地学講義室」と表示されます。

 

f:id:nowellgartelt:20170611001200p:plain

 

これを、今回は新しく「神山高校 地学準備室」というアプリケーションを登録し、こちらを使用するように設定したのです。

 

f:id:nowellgartelt:20170611001303p:plain

 

結果、これまでえるちゃんの居場所は原作準拠の「地学講義室」だったわけですが、これからはアニメ準拠の「地学準備室」になるわけです。

5年ほど使ってきた地学講義室の名前を捨てるのはとても惜しかったですが、仕方なく捨てることにしました。

 

これが今回の活動休止の顛末です。

まぁTwitter運営にはほとほと困り果てました。

せめて出したメールの返事くらいは欲しいところですね...。

Mastodonに移りたくなる方々の気持ちも分かります。

 

余談ですが、わたしが構築したMastodonサーバはこちらです。

コンセプトは、Rubyで作られたMastodonだから、黒澤ルビィちゃん仕様のMastodonサーバ...クロサワドン!です。

もし興味がある方は、登録していただければと思います。

 

kurosawa-ruby.xyz

 

今後とも、千反田える「わたし気になりますbot」をよろしくお願いします。

 

 

ソースコード公開のお知らせ。

 

 

千反田える「わたし気になります」bot (@L_Kininarimasu) は、2016年09月17日、ソースコードを公開したことをお知らせします。

 

 

これまで、ソースコードについては非公開としておりましたが、以降、一部を除きまして公開することとしました。

下記、GitHub上に公開済みです。

https://github.com/NowellGartelt/L_Kininarimasu

 

 

Twitterアカウントさえあれば、ソースコードをサーバ上にクローンし、細々設定することで、誰でも自分のサーバ上で「千反田える『わたし気になりますbot』」を運用することができるようになります。

細かな使い方はREADMEを読んで下さい。

おそらく、それで使えるようになるはずです。

もちろん、必要な箇所を変更すれば、オリジナルのbotを運用することが可能となるはずです。

 

 

今回、なぜ公開しようと思ったか。

ひとつが、他の方にbotプログラムが欲しいって言われたときの配布方法がないなぁ、と思ったことです。

先日、知り合いからお願いされたとき、公開してあれば楽なのにな、と感じました。

結局、その知り合いは不要になったみたいですが...。

 

ふたつめは、EasyBotterを再配布するのはどうかなぁと思ってたのに、実は再配布可能と知ったからです。

製作者が許可しているのだし、別に隠してもなという気持ちになりました。

 

 

ぜひ、こちらを使ってオリジナルのbotを作るなど、様々挑戦してみてください。

今後とも、千反田える「わたし気になりますbot」をよろしくお願いします。

 

 

クラウド環境への移行のお知らせ。

 

 

千反田える「わたし気になります」bot (@L_Kininarimasu) は、本日2016年08月11日、稼働環境をクラウド環境 (VPS環境) へ完全移行したことをお知らせします。

 

 

これまで、千反田える「わたし気になりますbot」は管理人の自宅サーバに構築された環境上で稼働しておりました。

それを本日、さくらインターネットVPS (Virtual Private Server) 上に構築した環境へ移行しました。

 

VPS(仮想専用サーバー)|さくらインターネット - 無料お試し実施中

 

 

 

去る7月7日、それまで安定稼働していた自宅サーバにトラブルが発生し、稼働が不安定な状態となりました。

以降、たまにサーバマシンが停止する事象が発生しております。

おそらく、電源ケーブルなど電源供給に関係しているいずれかの箇所に問題が発生していると思われますが、詳細は不明です。

この自宅サーバは、LenovoのノートPCを使用していますが、WindowsのPCとして使用していた時から数えて9年目となりますので、そろそろ寿命かと思われます。

 

そのような状況ではありましたが、かと言って、すぐに代わりのマシンを調達できる状態ではありませんでした。

そのため、たまたま別の用途で調達していたVPS環境がありましたので、その環境上に構築することにしました。

 

 

クラウド環境に移行したことで、これまでと比べ安定的に動作させることが可能と考えております。

 今後とも、千反田える「わたし気になりますbot」をよろしくお願いします。

 

 

プログラム改修のお知らせ(「@」の置換)。

 

 

千反田える「わたし気になります」bot (@L_Kininarimasu)は、本日2016年05月08日、プログラム改修を実施したことをお知らせします。

 

内容としては、下記1点のみです。

 

  • リプライのユーザー名に含まれる「@」の文字列の置換

 ユーザー名に「@」が含まれていた場合、「@」を「*」に置換します。

 【例】

 前:ノーウェル@29歳SE

 後:ノーウェル*29歳SE

 

f:id:nowellgartelt:20160508222251p:plain

 

f:id:nowellgartelt:20160508222155p:plain

 

 

今回の改修を実施した経緯は以下のとおりです。

すでに2015年12月04日にお知らせしている通り、最近Twitterではアカウントのユーザー名に第三者のアカウントのTwitter IDを設定し、botに対しリプライを飛ばすことで、第三者のアカウントにリプライ爆撃を実施する嫌がらせが横行しているようです。

詳細は、以下の記事を参照ください。

 

l-kininarimasu.hatenablog.jp

 

 

このような事がありましたので、この件に対し対処が必要な状況になっておりました。

 

これまでは運用により対処をしていました。

ユーザー名に「@」を含むユーザーを発見した場合、状況によってブロックの要不要を判断。

必要と判断した場合は手動でブロックを実施しておりました。

 

しかし、この方法では管理者への負担は大きく、見落としが発生する可能性もあるため、完全な対処方法ではありません。

時間を見ていちいち探すのも大変でした。

そこで、「@」を置換するプログラム改修を検討していました。

 

しかし、現在使用しているbotプログラムはわたしが作成したものではないため、改修箇所を特定するのが容易ではない状況でした。

そのため、機会をうかがって改修を延ばし延ばしにしておりましたが...本日、実施できました。

(PHPのプログラムで、かつそれほど可読性が高いプログラムではないため、ひたすらvar_dumpで特定しました。時間と手間がかかりました...。閑話休題)

 

ともあれ、今回の改修により、上記のような嫌がらせに巻き込まれたとしても、被害者を出さずに済むようになりました。

管理者の手間もかからず、自動で置換しますので見落としもありません。

今後も運用が続けていけそうです。

 

今回のプログラム改修についての説明は以上です。

今後とも、千反田える「わたし気になりますbot」をよろしくお願いします。

 

 

 

過去のエイプリルフール企画のご紹介について。

 

今回はブログ的内容です。

興味がない方は、このままこのページを閉じてください。

 

 

千反田える「わたし気になります」botは、2013年、2014年とエイプリルフール企画を行いました。

今回は、エイプリルフール企画をやった当時はフォローしていなかった...という方向けに、どんなことをやっていたかを伝えられればと思っています。

 

 

まず2013年、えるちゃんが奉太郎になりきってツイートする、という趣旨でした。

 

 

 

 

2014年は、今度は実際に奉太郎が代わりにツイートする、という趣旨でした。

アカウント名も一日限定で「折木奉太郎『俺、気になります!』bot」になってましたし、アイコンも変わっていました。

 

 

f:id:nowellgartelt:20151230010408j:plain

 

 

当時のマニュアルもまだ残っていますね。

 

折木奉太郎「俺、気になります!」bot、マニュアル。 - 「わたし気になりますbot」...中の人のブログ

 

ツイートした内容はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

「俺、気になります!」botのすべてのネタが気になる方は、以下リンクから参照してみてください。

 

 

twilog.org

 

 

余談ですが、千反田える「わたし気になります」botはTwilogに登録しておりますので、過去のすべてのネタを参照できます。

 

したがって、botとして稼動した最初の日、2012年07月07日のツイートも見ることができます。

 

 

twilog.org

 

 

2015年は、何も企画しませんでした。

仕事が忙しい時期にぶつかり、準備ができなかったのですが、ぶっちゃけネタが思いつかな(ry

 

 

さて、2016年ですが...どうしようかなーと思っています。

一応、企画はいくつかアイディアとして考えてはいるのですが、どれもイマイチ面白みに欠ける気がしていて。

今考えているものの中から何かやるかもしれませんし、まったく違う何かをやるかもしれません。

あまり期待せずに待っていただければと思います。

ちなみに、今年はエイプリルフール企画をやらない場合は事前に「今年はやりません!」と宣言しますので、あしからず。

 

 

アイコンの変遷について、その3。

 

 

アイコンの変遷について、その1。 - 「わたし気になりますbot」...中の人のブログ

アイコンの変遷について、その2。 - 「わたし気になりますbot」...中の人のブログ

 

 

 

前回の続きです。

例によって、興味がある方だけご覧いただければと思います。

引き続き、これまで使ったアイコンについて一言づつ。 

今回はこれまで使用したアイコンのうち、No.12~No.16について書こうと思います。

 

 

 

No.12

f:id:nowellgartelt:20151230013859j:plain

 No.12はこれ。

これは分かりやすいアイコンですね!

後期EDのシャーロックホームズのコスプレのえるちゃんです。

分かりやすすぎて私の趣味とは違うかな...とは思っていましたが、ここまで分かりやすいのはアイコン向きということかもしれない、と考え、採用しました。

結果良かったと思います。

 

 

 

No.13

f:id:nowellgartelt:20120625184332j:plain

 続いてこれ。

これまた分かりやすいアイコンという流れで来ていますね。

本編でも物議を醸したチタンダエル。

このイラストを使ったグッズがあったのですが、そこから拝借しました。

これはこれで可愛いんですよねー。

本編みたいにいっぱい集まると...あれですがw

 

 

 

No.14

f:id:nowellgartelt:20151230013932j:plain

 続いてこれ。

これは神高祭で、えるちゃんが「米作りは土作り」と筆で書き上げた時のシーンです。

キリッとした表情がとても可愛らしいです。

実は、この頃から徐々にネタに尽きてきた感が...w

 

 

 

No.15

f:id:nowellgartelt:20151230013956p:plain

 続いてこのアイコン。

これは...なんのシーンだったろうかw

キラキラしたえるちゃんの顔がとてもいいなと思って採用した記憶があります。

これはこれで気に入ってるアイコンです。

 

 

 

No.16

f:id:nowellgartelt:20151230014010p:plain

続いてこのアイコン。

奉太郎が中学教師のことについて調べた時の話ですね、分りやすい。

ふんころがしの本持ってニコニコしてる表情が可愛くて選びました。

また、ふんころがしと言うのが微妙に抜けた感じが...いいですよねw

 

 

 

アイコンについては今回で終わりですね。

またアイコンの変更が溜まったら、まとめて書いてみようと思います。