「わたし気になりますbot」...中の人のブログ

Twitterの『千反田える「わたし気になりますbot」』、中の人のブログ。マニュアルやお知らせ、近況などいろいろ書きます。

ネタ投稿について。

 

 

みなさま、お久しぶりです。

前回の投稿からあまり時間がたってないので、久しぶりではないかもしれませんが。

 

 

中の人は、今は独身寮へお引っ越しのため、

ひいひい言いながらいろいろと準備をしています。

新天地では、初めての一人暮らしです。

大丈夫かなー...。

 

 

さて今回は、タイトル通り「ネタ投稿について」書きたいと思います。

既に多くの方に投稿いただいてますが、

「こんなん投稿しちゃっていいのかなー...」とか、

「いやー、これは採用してもらえないでしょー?」とか、

「いや、オレのは絶対採用されるぜ!」という方にも、

読んでいただければ、投稿していたい気持ちになるかもしれません。

 

 

まずは基本的な流れから。

やりとりは全て、DMです。

くどいようですが、リプライで送られても採用しかねます。

 

 

①投稿者「たわし...わたし、気になります

②わたし「そちら、採用させていただいてもよろしいでしょうか?」

③投稿者「大丈夫です」

④わたし「次回更新時に追加します。投稿ありがとうございました!」

 

 

これだけです。ね、簡単でしょ?

 

 

ちなみに、過去80コのネタ投稿がありましたが、採用したのは77コです。

つまり、96%は採用されているワケです!

ね?投稿してもいいような気になってきたでしょ??

 

 

ちなみに、採用されなかった3コはなぜダメだったのか。

 

 

1つめは、「○○○、気になります」と送っていただき、

その後こちらから返信したのですが、後の連絡が何もなかったんですね。

これには困りました。

一応、お互いに細かく確認することは大事だと思っていますので、

その後の返信がないケースは、どうしようもないです。

遅くなっても全く問題ないので、返信していただけるとありがたいです。

 

 

2つめは、「○○というイベントを気になってもらいたいです!」というもの。

確認したところそのイベントは、

その投稿者の方が主催側の、個人イベントだったんですね。

さすがに宣伝っぽくなり過ぎる気がしたので、それはお断りしました。

 

 

3つめは、「自分が、自分の彼女の事が気になる」といった内容でした。

さすがに個人的過ぎるし、

「それをどうネタにしろっていうんだい?」

って思ったので、それも採用を見送りました。

 

 

だいたい、そんな感じです。

まあ、フツーにやっていただければ問題ないんですよ。

あとは......強烈な批判的内容だったりすると、

言い方をソフトに変えさせていただくケースはありますね。

最近、日本と領土問題などで揉めている某国や某国のネタは、

そういう場合があります。

ダメじゃないんですけどね。

出来る限り採用したいと思っていますし。

 

 

そういうワケで、

「投稿したいネタがあるけど...」と思っている方、

ぜひぜひえるちゃん宛てのDMで、お待ちしています!